路線で選ぶ住宅の買い方|アクセスに便利なエリアは快適|理想の不動産を見つける

アクセスに便利なエリアは快適|理想の不動産を見つける

路線で選ぶ住宅の買い方

家

首都圏最大のベッドタウン

不動産を購入する場合にポイントとなるのが電車の路線です。日本の宅地開発は電車の沿線を中心に広がってきた歴史があります。特に埼玉県で不動産を探す時には、どの路線を選ぶかが重要です。埼玉県は関東平野の真ん中に芋のような形で広がっています。そのほとんどが平地になっており、首都圏で最も住環境が良いとされています。埼玉県内には大きく分けて3本の電車路線があります。都心を起点にして埼玉西部、中央部、東部の3つのエリアを縦に貫いています。この中で最も人気が高いのが東部エリアを貫く路線です。県庁所在地をはじめ昔からの大きな都市が並んでいるからです。西部と中央部は不動産価格が東部エリアより低くなっています。これからマンションや一戸建てを埼玉県内で購入する場合、この3つの路線を基準にすると探しやすいです。

首都圏で狙い目の沿線

埼玉県は首都圏の真ん中に広がっています。関東ローム層という地層に支えられているので地震にも強い地盤です。また大部分が平野になっているので、山崩れなどの災害がない土地柄です。このように埼玉県は自然災害に強いという特徴があります。かつての埼玉県は縦に貫く電車の路線は3本ありますが、横に横断する路線がほとんどなかったのです。そのため横移動するには不便な立地だったのですが、今では埼玉県西部、中央部、東部を横断する路線ができています。この横断する路線は比較的新しくできたため、不動産の掘り起こしが遅れています。そのためこの沿線の地価は比較的安くなっています。今でも農地や雑木林が多く、それを潰して宅地開発が行われています。これから埼玉県内で不動産を購入する場合、この横断路線の沿線は狙い目です。